Final Fantasy 3/ファイナルファンタジー 3 攻略

各種データ ─ 登場キャラクター:Final Fantasy 3/ファイナルファンタジー 3 攻略


ここでは、ファイナルファンタジー3に登場するキャラクターについて紹介しています。





光の戦士(リメイク版での設定)

ルーネス

FF3 ルーネス
ウルの長老であるトパパと、その妻ニーナに育てられた孤児。FC版の主人公に一番口調と設定が近く、好奇心旺盛で喜怒哀楽が豊かな少年。軽口を叩くこともあるが正義感は強い。同行キャラクターの中では水の巫女エリアとの交流が多く描かれている。

アルクゥ

FF3 アルクゥ
ルーネス同様トパパ夫婦に育てられた孤児で、ルーネスとは幼馴染み。気弱で幼さが残る上、ウルではいじめられっ子だったが、冒険を通じて勇敢で陽気な少年に成長していく。本を読むのが好きで誰もが認める博識である。短い茶髪と茶色の瞳、鼻のまわりにソバカスがあるのが特徴。同行キャラクターの中では特にサロニアのアルス王子と親密になる。ルーネス、アルス王子以外の人物と会話する時は、常に敬語を使う。

レフィア

FF3 レフィア
4人の紅一点でカズスの鍛冶屋タカに育てられたクールビューティーな少女。鍛冶修行に嫌気がさして家出してしまった。それが幸いしてか、ジンの呪いを逃れることができた。基本的には活発で少々意地っ張りな面が目立つが、根は心優しい。鍛冶修行を生かして、シドの飛空艇を修理したこともある。カエルが嫌いでそれを少なからず気にしており、トードでそれになる事に不満を感じている。同行キャラクターの中では特にデッシュと親密になる。

イングズ

FF3 イングズ
サスーン城の青年兵士。育ての親もサスーンの兵士である。サラ姫とは幼馴染の間柄。性格はルーネスと対照的で冷静沈着だが、若干冷めた部分もある。レベルアップ、熟練度が上がった時にキザなポーズを見せるナルシストな一面も覗かせる。丁寧語を使う場合が多い。短い金髪と青い瞳が特徴。

同行キャラクター

サラ・アルテニー

FF3 サラ・アルテニー
サスーン国王ダウの娘。ジンの呪いにかかった城の人々を助けるために単身で封印の洞窟へと向かい、そこで主人公たちと出会った。

シド・ヘイズ

FF3 シド・ヘイズ
カナーンに妻と2人で暮らす貿易商。飛空艇製造の第一人者であり、アーガス王との親交も深い。

デッシュ

FF3 デッシュ
記憶喪失の風来坊。主人公と冒険を共にすることによって、記憶を取り戻していく。女好きで軽い性格。カナーンに住むサリーナとは恋仲関係。

エリア・ベネット

FF3 エリア・ベネット
水の神殿に仕える巫女。15歳。水のクリスタルを解放する力を持っている。水の洞窟でクラーケンが放った呪いの矢から主人公たちを庇って死亡。

アルス・レストー

FF3 アルス・レストー
サロニア王国の王子。幼いながらも、王としての自覚を持った誇り高き少年。

ドーガ

FF3 ドーガ
偉大なる大魔道師。ウネ、ザンデと共に師ノアの下に学び、その後にノアから「強大な魔力」を受け継いだ。自らの館にモーグリと暮らす。病を患っており、その力は衰えてしまっていた。禁断の地エウレカの封印を解く鍵を造り出すエネルギーを得るために主人公たちと戦って死亡する。

ウネ

FF3 ウネ
夢の世界の番人。ドーガ、ザンデと共に師ノアの下に学び、その後にノアから「夢の世界」を託され、その番人として1000年にも及ぶ長い眠りについている[11]。ドーガと同様に、この世界の混乱の原因を知っている人物である。ラストダンジョンおよび禁断の地エウレカに繋がるシルクスの塔(クリスタルタワー)の扉を開ける鍵を作り出すエネルギーを得るため、主人公たちと戦って死亡する。

ボス

魔王ザンデ

FF3 魔王ザンデ
クリスタルタワー最上階で光の戦士を待ち受ける。ドーガ、ウネと共に師ノアに学び、その後ノアから「人としての命」を受け継いだ。だが、それを不服に思った彼はドーガたちのもとを離れ、古代の民が作り出した装置と土のクリスタルを使って大地震を起こし、世界に混乱を引き起こす。

暗闇の雲

FF3 暗闇の雲
光と闇の世界、つまりはこの世の全てを無に還そうとする存在。性別は女。光と闇の力の均衡が失われたときに現れるという。ザンデを操っていた黒幕。




ページの先頭へ
メニューへ